. .

Functions:

The page is printed

報告関連

DBシェンカーは全ての商行為が倫理的な基準に基づき、法に準拠した形でなされることを希求します。

  

然しながら、報告が必要とされる重大な錯誤や法令違反と疑われる場面も、現実では起こりうることです。DBシェンカーでは、様々なルートを設けて、顧客、商パートナーや従業員が疑わしい事案を報告できる体制を整えています。

 

DBシェンカーロジスティクス

誠実性は、DBシェンカーにおける基本理念です。全てのDBシェンカーの従業員は、倫理的な行動基準によって自らを律していくことを確実に行ってください。

   

連絡方法
ウェブサイト: DB Schenker Alert Line
電話番号 00531-110276

   

不正をみかけた場合は、DBシェンカーの内部通報ラインの通じ、遅滞なく事案の報告をお願いします。

内部通報ラインは、全世界で毎日、24時間利用可能です。DBシェンカー顧客、商パートナーや従業員が等しく時間と所在にかかわらず利用することができます。DBシェンカーの内部通報ラインは、コーポレートコンプライアンス部及びオンブスマンを含む既存の報告ルートを補完するために設立されたものです。そしてこれは、私たちの顧客でもあるGCSヨーロッパという会社によって提供されたサービスです。寄せられた全ての事案は、専門家たちによって慎重に取り扱われます。

国内法の規定によりますが、DBシェンカーの内部通報ラインは匿名での受付も可能です。しかし、事案報告の際にはやはり記名でなされることを推奨します。

DBの内部通報ラインは、最高水準の倫理誠実性に適合する商行為を約束する私たちの約束に反する事案を報告するために設けられたものです。これを通じて取り扱われる錯誤の事案は国によってその性格が様々です。報告された事案がDBの内部通報ラインでは対応しきれない場合には、報告者には、調査が適正になされる様に、更なる情報や証拠類の提供を求めるよう、メールにて通知がなされます。

DBの内部通報ラインは、誹謗中傷の類で使われることはありません。こうした不適切な内容については、民事・刑事上の重大な結果を招きかねません。

内部通報ラインでのコミュニケーションを円滑に行うために、事案のアップデートの後に

システムから受領する、リポート番号及び個人識別番号を活用してください。

もし報告が匿名でなされた場合は、事案アップデートの後のコミュニケーションは、本人を特定する様なやり取りにはなりません。

報告は機密裡に行われます。そうした状況ではありますが、公的機関が、内部通報ラインを通じて提出された事案を会社に対して開示するよう、そのために適用可能な法令を発動することもあります。私たちの個人情報保護に関する方針については、下記のファイルをご覧下さい。

 

DB Schenker - Data privacy policy

(PDF | 0,14 MB)
PDF ダウンロードする

      

最新アップデート: 06.01.2017

ページの冒頭へ