DB Schenker Flags in the Sky

経営

当社の取締役会、シェンカーAGは、ロジスティクスとサプライチェーンの専門家で構成されます。シ

Jochen Thewes Chief Executive Officer

Jochen Thewes

Chief Executive Officer

Jochen Thewesは1971年に生まれ、2015年9月1日よりSchenker AGの取締役会長を務めています。ドイツの町Rheda-Wiedenbrückにルーツを持つThewesは、サプライチェーンとロジスティクスの専門家として国際的に認められており、リージョナルおよびグローバル両方の職責における、20年以上の経営陣としてのノウハウや知識をもっています。ここ数年、Thewesは、DBシェンカーへ大きく貢献しています。その中でも最も注目すべきなのは、スピードが速くダイナミックなアジア/太平洋地域にある、シンガポールにおいて、20カ国・200拠点に広がる13,000人の従業員の責任者であった、最高経営責任者の役職に就いていた2011年からの貢献でしょう。現シェンカー在職前は、本部をドイツのエッセンに置く、国際海上貨物の副社長を務めていました。

当社に加わる前は、グローバルロジスティクス企業であるKuehne + Nagelを含め、さまざまな経営陣の職位物流を経験しました。彼は12年以上、ブラジルの会社社長、上海拠点のCentral Chinaの代表、ベトナムの代表取締役など、アジアおよびラテンアメリカにおいてさまざまな役職に就いてきました。また、香港とニューヨークでも勤務経験があります。


Oliver Seidl Member of the Board of Management (CFO)

Oliver Seidl

Member of the Board of Management (CFO)

Oliver Seidlは、下記のに挙げたグローバル企業における、財務関連の責任者、また、代表取締役としての、長年の経験を有しています。 DBシェンカーに加わる前は、Media-Saturn-HoldingのCFO兼CIOでした。2010年から2013年まで、Loewe AGの取締役会会長であり、過去、財務およびサービスを担当する役員を務めていました。それ以前は、別の企業で管理会計、戦略、およびM&Aを担当していました。

1990年から2001年まで、Seidlは、ブレーメンおよびシュトゥットガルトのDaimler AGでさまざまな役職に就いており、最後、Mercedes-Benz乗用車のグループ管理会計を率いていました。卸売と輸出について研修を受けた後、Seidlはゲッティンゲンとマールブルクの大学で、経営学の学位を取得しました。


Markus Sontheimer Member of the Board of Management (CIO/CDO)

Markus Sontheimer

Member of the Board of Management (CIO/CDO)

Markus Sontheimerは、1968年、ドイツ・フリードリヒスハーフェンに生まれました。Mr. Sontheimeは、エスリンゲンの工科大学で生産管理工学の学士号を取得しました。1994年、Daimler AGでキャリアをスタートさせ、営業、マーケティング、アフターサービスのCIOおよびDaimler Financial Services AGのCIOを含め、さまざまな上級職(国内および国際の両方)に歴任しました。直近5年間では、Deutsche BankにおけるグループファイナンスのためにグローバルITを再構築・変更し、財務CIOになりました。

Markus Sontheimerは、2015年12月1日に、チーフ・ インフォメーション・オフィサー(CIO)として、シェンカーAGの役員会に加わりました。

2016年6月22日、監査役会は、更にSchenker AGのチーフ・デジタル・オフィサー(CDO)に任命しました。 チーフ・インフォメーション&デジタル・オフィサーとして、ITおよびデジタル化に対する責任を負います。