161110_icono_product_teaser Shape Shape 161110_icono_product_teaser icon-arrow-left icon-arrow-right icon-first icon-last 161110_icono_product_teaser 161110_icono_product_teaser location-pin 161110_icono_product_teaser 161110_icono_product_teaser contact-desktop-white careers-desktop-white

DBシェンカーは、XXLサイズの貨物をパースに持ち込みました

オーストラリア初の世界最大の飛行機 – アントノフ-225 ムリーヤが、117トンの発電機を積載して西海岸に着陸しました。

DBシェンカーが世界最大の航空機に積載したXXLサイズの貨物:117トンの発電機を積載したアントノフ-225 ムリーヤ(AN 225)が、初めてオーストラリアに着陸しました。現地時間の日曜朝、オーストラリア西部のパースに貨物航空機が到着した時、数千人の見物人が見ていました。

「非常にやりがいがあり、胸が希望に膨らみました」と、Schenker Australia Pty LtdのCEOであるRon Koehlerは言います。「アントノフ 225で航空輸送を手配することは、究極のハイライトです。アデレードおよびパースの当社のエキスパートたちとチェコの同僚たちとの連携は非常にスムーズなものでした。オーストラリアの当社顧客からのこの注文を受けたことを、心から誇りに思っています。」

DBロジスティクスの子会社DBシェンカーの航空機チャーターにおけるスペシャリスト・Karpeles Flight Services社は、世界中の輸送の手配に責任を負います。




発電機の輸送は、5月10日にプルゼニ市(チェコ共和国)で開始し、特殊多軸トラックで一晩かけてプラハへ届けられました。
チェコの首都の空港で、発電機はAN 225(全長84 m、高さ18 m)に積載されました。発電機(長さ8.80 m、高さ3.50 m、幅3.20 m)は、特殊帆布で覆われ、アントノフ内の30か所以上の固定ポイントに溶接されました。出発は、木曜日です。




約14,000 kmの長旅の経由地は、トルクメンバシ(トルクメニスタン)、ハイデラバード(インド)およびクアラルンプール(マレーシア)で予定されました。DBシェンカーはまた、コリーのアルミナ精錬所であるオーストラリアのお客様まで、パースから車で4時間の陸上輸送も手配します。
アントノフ225 ムリーヤは、オーストラリアに長くはいません:5月17日、次のようなXLサイズのみを積載してイタリアに飛び立ちます:25トンのローター